交通安全祈願「なで木」あっせん

交通安全祈願「なで木」

木の細長い札に「交通安全祈願~」と事前に書いてある。氏名と年齢記入場所が示されている。その板で体の悪い部分(良くしたい部分)をよく撫でて(そこから撫で木)下さい。なで木は薬王院の山伏さんたちが祈りとともに焼くらしい。すると交通安全の他いろいろご利益があるらしい。

  • まもなく回覧でご案内が届く。
  • 申込内容を書きこむ。
  • 7月3日前後、理事が申込数のなで木を持ってくるので、1枚\200を支払う。
  • 7月の理事会前には理事が名前を記入したなで木を回収しにくるので渡す
  • なで木は例年だと7月の花火大会の日に山伏さんたちの祈りとともに焚き上げられる

「交通安全祈願「なで木」あっせん」への1件のフィードバック

  1. もう遅いですけど、花火大会中止になってます。で、撫で木なですがちゃんと山伏さんが次の機会に焚きあげてくれるそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください